フードと毛並みの関係

未分類 0 Comments

犬の体調が悪いという訳でもないのに毛並みが悪くなってしまっているという場合、まずはフードを見直してみてはどうでしょうか。ドッグフードは普段から犬が食べるものであり、毛並みにも大きく関わっている要因のひとつと言えます。例えば現在食べさせているフードが穀物が原材料のメインとなっているフードであった場合、タンパク質がメインとなっているフードに変えてみると、毛並みが良くなりやすいです。タンパク質を取りすぎると体に悪いからと穀物メインのフードを選ぶ人も多いですが、タンパク質が不足してしまうとそれだけ毛に行く栄養が少なくなり、結果として毛並みが悪くなる原因となってしまいます。

タンパク質ならば何でも良いという訳ではなく、なるべく消化吸収しやすい動物性タンパク質を選びましょう。犬はもともと肉食の動物ですから、動物性タンパク質の方が消化吸収しやすく、動物性タンパク質のフードを与える事でより毛にまで栄養がいきやすくなり、毛並みがよくなります。また脂肪酸が含まれたフードを与えるのも毛並みをよくするために必要な要素となっています。必須脂肪酸は犬が自分で生成できない栄養ですから、フードで与えてあげる必要があり、この脂肪酸が含まれたフードを選ぶことで毛並みを良くするために必要な要素と言えます。

また、フードはそのままで毛並みを整えるための栄養を与えたいと考えている場合は、サプリメントの利用を考えてみましょう。サプリメントはお菓子のようなものから、薬に近いものまでさまざまな種類があるので、犬の好みなどに合わせて利用すると良いです。