普段からすべき手入れ

未分類 0 Comments

犬の毛並みは、フードだけで完全に改善できる訳ではありません。フードはあくまで栄養を整えて毛並みや毛艶を良くするというだけであり、それ以外の手入れをしてあげないと毛並みが良くなる事は無いでしょう。例えば皮膚や毛を清潔に保つことは、人間と同じく毛並みを良くするために必須の手入れと言えるので月に1回から2回は定期的に犬用のシャンプーで洗ってあげると良いでしょう。ただ、シャンプーの回数が多すぎると逆に皮脂が足りなくなって皮膚病になってしまうので、回数には注意が必要です。

また日々のブラッシングも重要な毛並みを整える手段となっています。ブラッシングは皮膚病やノミの早期発見にも繋がりますから、小まめに行ってあげる事で毛並みを整えてあげるだけでなく、皮膚病などを回避する事も可能なのです。注意しておきたいのはブラッシングはただブラシで毛を梳いて終わりではなく、犬ごとに正しいブラッシング方法が違うという点です。近年ではマッサージ効果のあるブラシなども販売されていますから、こういったブラシを購入する事でブラッシングに慣れていない犬でもブラッシングを積極的に受けてくれやすくなります。

犬の毛並みを整えるには、シャンプーやブラッシングなど飼い主による日々のお手入れが非常に重要です。面倒だと思って何もしないままでは、毛並みはどんどん悪くなってしまいますし、皮膚病の原因にもなりかねません。きちんとしたお手入れをしてあげる事は、愛犬のストレス解消や皮膚病予防などさまざまな面で必要な事なのです。